~千葉ロッテマリーンズファンブログです~

2017年度選手評価 11・佐々木千隼

外れ1位で5球団競合した佐々木千隼ですが、田中正義がファームで鍛錬を積んでいるのとは対照的に、1軍で15試合の登板数を貰うことが出来ました。しかし、結果は4勝7敗の防御率4.22と期待からしたらだいぶ物足りない数…

詳細を見る

2017年度選手評価 10・ロエル・サントス

伊東監督が「今必ずしも欲しい選手ではない」とコメントしていたように、現場と編成の連携が取れずに契約に至ったサントスは不運としか言いようがなく、入団当初はスタメン起用されていましたが、段々とベンチを温めることが多くなってしまいました。…

詳細を見る

2017年度選手評価 9・福浦和也

2017年は70試合に出場して155打席、30安打の打率.224という結果に終わってしまいました。チームが崩壊している中でこれだけのチャンスしか与えられなかったのは残念としか言いようがなく、2000本安打まで残り38本、なかなか厳し…

詳細を見る

2017年度選手評価 8・中村奨吾

背番号8に代わって期待されたシーズンでしたが、開幕から打率.000の日々が続き、守備でもショートしてエラーを連発、凡ミスや雑なプレーの多さに怒り心頭だったマリーンズファンも少なくないと思います。オフに球団から期待…

詳細を見る

2017年度選手評価 7・鈴木大地

春先の打率1割打線の中でひとり気を吐いた鈴木大地でしたが、夏から秋にかけて少しずつ打率を落としていきました。終わってみれば打率は.260で、昨年の.283よりも悪い数字となってしまいましたが、それでも2013年か…

詳細を見る

2017年度選手評価 6・井口資仁

43歳という年齢からしたら仕方のない判断だったのかもしれませんが、ふがいない結果しか出せていない中堅・若手が多く、まだ自分が活躍出来るチャンスが多かっただけに井口の引退宣言はちょっと驚きがありました。引退試合で、…

詳細を見る

2017年度選手評価 5・マット・ダフィー

続いてはマット・ダフィー。正直ダフィーがシーズン序盤にもっと打っていたらマリーンズのこの体たらくはまだマシだったのではないかと思わせる程の外れ外国人だったと言わざるを得ないでしょう。真面目な性格で嫌いではなかった…

詳細を見る

2017年度選手評価 3・角中勝也

2017年度選手評価、続いては角中勝也です。首位打者を獲得した昨年から一転、活躍し始めた2012年以降でワーストの成績となってしまいました。打率は.269で、通算打率.293の角中から…

詳細を見る

2017年度選手評価 2・根元俊一

2017年度選手評価、今回は根元俊一です。34歳のベテランとなった根元ですが、40試合に出場して打率.220という結果に終わりました。正直この年齢で、主だった特徴も無いとなると来季は戦…

詳細を見る

2017年度選手評価 1・清田育宏

しばらく更新しておりませんでしたが、2017年度選手評価の続きです。今回は、2015年に3割を打って以来、再び打率低迷をしてしまった清田育宏。31歳の清田ですので、来季も低迷するようで…

詳細を見る

カテゴリー

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

アーカイブ