2017年度選手評価 69・肘井竜蔵

肘井の2017年の成績は、16試合に出場して21打数5安打、打率.238という結果に終わりました。

ファームでも大した成績は残せておらず、打撃を買われての支配下登録をされた割には、未だ1軍で活躍できる足掛かりが掴めておりません。

外野手転向しましたが元々は捕手でのドラフトでしたので、肘井が外野でレギュラーを獲ればチームは捕手2人体制で良くなり、代打や代走、守備固めなどチームにとってもプラスになります。

しかし肝心の外野手でのレギュラーへの道のりは険しく、アピールすべき打撃も、1軍の投手のストレートには差し込まれ、変化球にはタイミングが合わないなど内容があまり良くない状況です。

Sponsored Link

育成上がりの4年目で22歳ということを考えればまだまだ我慢する時期なのでしょうが、5年目の来季はその才能の片鱗を見せてもらいたく、とにかくレベルアップが急がれます。

三振が多いのも気になるところで、なぜ三振が多いのか、タイミングが合っていないのか前で捌こうとし過ぎなのか、その原因をきちんと分析しながら練習してもらいたいと思います。

明るい性格であるので、今のマリーンズにはかなり貴重なキャラです。そんな肘井が1軍に上がってきてチームを盛り上げてくれることを期待しています。

 

2017年総合評価:3

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る