2017年度選手評価 65・加藤翔平

Sponsored Link

加藤翔平の2017年度の成績は、98試合に出場して、271打数72安打、打率.266、5本塁打、7盗塁という結果でした。

打席は少ないですが、やっとのことでキャリアハイ。

加藤本人としてはそこそこの充実感で終えたシーズンだったと思います。

 

しかし、個人的には手放しでは評価出来ません。

打率こそチーム内ではトップクラスの数字ですが、打率.266程度で満足してもらっては困ります。

また、加藤は四球が圧倒的に少なく、277打席で四死球7は異常に少ないです。

本人は荻野1番で自分は2番が良いと言っていますが、四球を全く選べない選球眼の無さ、思考能力、出塁率を考えると、6番や7番を打たせたいのが本音です。

Sponsored Link

 

足は速いですが盗塁がうまいというワケでもなく、パンチ力も無くはないが目立って本塁打が多いというわけでもありません。

身体能力は高いので、やはり糸井のような選手を目指すのが理想でしょう。

 

来季は背番号10とのことで、まだ早い気もしますが首脳陣からの期待は高いです。

そんな期待に応えられるよう、来季は3割10本20盗塁を目指してさらなる飛躍をしてもらいたいと思います。

 

2017年総合評価:7

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る