2017年度選手評価 60・阿部和成

Sponsored Link

阿部和成の2017年シーズンの成績は、2試合に登板して0勝0敗、防御率13.50という結果に終わりました。

正直、戦力外になってもおかしくない立ち位置だと思っていたのですが、数年前に覚醒への片鱗を見せた歴史と、頭数が足りていない二軍のイニングイーターという便利な存在という理由でなんとか生き残った感が否めません。

140キロを超えるストレートを投げ込めるようにはなってきましたが、それを生かす変化球が無く、制球も1軍の打者を抑えられるほどではないため、シーズンの大半を二軍で過ごすという結果に終わってしまいました。

2軍では45試合も投げているのですが、防御率は3点台半ばと微妙な数字で、これでは1軍になかなかお呼びが掛からないのも仕方が無いと思います。

Sponsored Link

せっかくの1軍での2登板に関しても、本塁打を2本打たれる残念っぷりで、本気で1軍で生き残るのはもう後が無い状況というのは阿部本人も自覚しているはずです。

来季29歳ということで恐らくは最後のチャンスになりますから、球団側に「来季30歳だけどあと1年は様子を見たい」と思わせるような2018年シーズンにする必要があります。

そのためには、「もう2軍の便利屋は止めだ!」という確固たる信念が必要で、人間気持ち次第でパフォーマンスは大きく変わりますから、ハングリー精神を全面に出して覚醒してもらえればと思います。

これでもストレートのキレはだいぶマシになりましたから、あとはそれを生かせる変化球の磨きをかけて、死ぬ気で頑張ってもらいたいと思います。

 

2017年総合評価:2

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る