ロッテ新外国人のエドガー・オルモスの査定。ジョニーデップ似?

Sponsored Link

千葉ロッテの新外国人、エドガー・オルモス投手について査定していきたいと思います。

マリーンズには貴重な大型サウスポーというところを期待されての入団を果たしたオルモスですが、実は「日本球界でのプレーを熱望していた」と言っていたようなんですね。

日本でプレーしたことのある選手が誰なのかは分かりませんが、そういった仲間から日本の良さを聞いていたようです。

そういった意味でも、日本への理解はしているでしょうし、シーズンに入っても貪欲に色々なことを吸収して成長してくれそうな気がします。

プレースタイルとしては長身の左腕からMAX156キロのストレートを投げるセットアッパーです。任せるなら7回か8回か。

スリークォーターで投げる姿はランディジョンソンを彷彿とさせ、実は先発で見てみたかった選手です。

そんなエドガー・オルモスですが、ジョニーデップに似ていると話題になっていますね。笑

 

エドガー・オルモスのプロフィール

  • 名前:エドガー・オルモス
  • 年齢:27歳
  • 身長:193センチ
  • 体重:99キロ
  • 年俸:約8000万円
  • 投打:右投げ右打ち
  • 出身:アメリカ合衆国
  • 球歴:バーミンガム高-マーリンズ(’08~’14)-マリナーズ(’15)-オリオールズ(’16)-レッドソックス(’17)-千葉ロッテ(’18~)
  • メジャー通算:11試合1勝1敗、防御率5・21

メジャー経験こそ浅いですが、まだ27歳であることと、昨季のマイナーでは29試合に投げて9勝3敗、防御率2・68という安定した結果を残しているサウスポーです。

スリークォーターから150キロを超える剛速球を投げるのが特徴的なパワーピッチャーです。

これだけでも普通に活躍しそう。笑

変化球の球種は、スライダー、ツーシーム、カーブ、チェンジアップ。カウントを整えることの出来る変化球さえあれば、ストレートと合わせて三振の山を築けると思います。

コントロールで崩れる投手ではないと思いますが、日本人特有のストレートをカットで粘り、甘い変化球を打つというスタイルに根負けしないかがポイントでしょうね。

Sponsored Link

 

「下半身が近年で1番いい状態」と言っているのは頼もしい一方、キャンプでは日本のマウンドとボールに戸惑いを見せているのが気がかりです。

チェンジアップが納得行かないようで、開幕までにどこまで仕上げられるかで投球の幅が広がると思います。

ストレートで押せる投手なので、チェンジアップが投げられないのは非常に痛く、なんとか間に合わせてほしいですね。

 

本人曰く、持ち前は闘争心で、気迫溢れるピッチングを見せてくれることを期待しています。

 

まさかのジョニーデップ似?

本人も語っているのですが、ジョニーデップに似ているとよく言われるらしいんですよね。笑

確かに、キャンプでの姿はまさにジョニーデップです。

パイレーツオブカリビアンの時のジョニーデップに似ていますね。笑

「この顔で得をしたことは無い」と言っていますが、活躍して名前を売れば日本でもファンは増えていきそうです。

風貌が「いかにもメジャーリーガー」なオルモスですが、果たしてプレーの方ではメジャーリーガーらしい活躍を見せてくれるのでしょうか?

左の速球派は滅多にいないタイプですので、コントロールさえなんとかなれば行けますよ!!

 

オルモスの成績予想

先発で見たいのですが、リリーフでの起用となりそうです。

40試合、3勝3敗、防御率3.30くらいの活躍はしてくれるんじゃないかなと高い期待をしています。

オフで早速インフルエンザの餌食になってしまいましたが、開幕までは時間がありますから、焦らず調整をしてもらえればと思います。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る