ロッテ安田尚憲のバッティングフォームと育成方法

Sponsored Link

千葉ロッテマリーンズの2017年ドラフト1位、安田尚憲について書いていきます。

今回は、バッティングフォームと今後の育成方法について私なりの考えを書き散らします。

マリーンズのキャンプ取材に来た赤星に、バッティングフォームの変化を指摘された安田尚憲ですが、これに関して「履正社時代のフォームに戻した方がいい」という意見を持った人が多数います。

育成が下手なロッテが、今後安田をどういったバッティングフォーム、プレースタイルに仕上げていくのかは大変注目で、今後の高卒ドラフトに大きく関わる重要なポイントとなると思います。

今回のバッティングフォームの変更は本人がプロの球に付いていけるように考えた結果ということですが、「これがベストだとも思っていない」とのことですから、的確なアドバイスがコーチ陣には求められます。

ホームランバッターを輩出出来ない球団がどういう育成方法を行うべきなのか、そのあたりについて考えてみました。

 

 

安田尚憲のバッティングフォーム

 

まず、高校時代のバッティングフォームがこちら↓

右足を上げて、どっしり構えているのが分かります。

ただ、安田としては「これではプロのストレートと変化球のコンビネーションに対応出来ない」と考え、フォームの改造を行ったようです。

そして赤星がテレビで指摘していたバッティングフォーム。右が現在です↓

右足の上げ方が小さく、始動の際の腕の位置も下がっています。全体的にコンパクトなバッティングフォームです。

これに関して、「小さくまとまりすぎている」「逆に前のめりになってしまっている」「元に戻した方がいい」という指摘が多数で見かけられます。あなたもそう思いますか?

確かに、前のめりになってしまっているのが気になるところですが、バッティングフォームとしてはここから修正を重ねて作っていくものなので特に問題ないと思います。

と、言いますのも安田は非常に研究家であり、向上心がマリーンズの中でも1,2を争うくらい高いのはインタビューや取材を見ていても明らかです。

そんな安田が試しているフォームは、あの松井秀喜のフォームがベースです。

 

腕の位置は、松井秀喜も顔より下から始動しています。そしてメジャーに行くと、日本の時よりほんの少しだけバットを寝かせて始動しているのも分かります。

つまり、上半身は無駄な動きをなくしてシンプルに、スムーズにバットを出せるような態勢にしています。イチローも同様の試みをしていますよね。

ここはキャンプでの安田のフォームと同じです。

では違うのはどこか?と言いますとやはり下半身になります。

 

すり足気味なのはメジャーでの松井も同様です。

しかし、決定的に違う部分があり、そこを安田は気を付けていかなければなりません。

Sponsored Link

もう1度、これに関してなのですが、現在の安田は「速い球に対応するため」に、最初から体重が右足に流れているんですよね。

後ろの足に体重を乗せ、そこから体重移動をしていかなければ前への推進力、パワーは生まれてきません。

その点で言えば、高校時代の方が後ろの足に体重が乗っていて、その「溜め」のエネルギーをボールにガツンとぶつけていました。

これは赤星も指摘しているポイントですよね。

 

但し、「足をもう少し高く上げた方がいい」とアドバイスするのであればそれは本質的ではありません。

ポイントは、「後ろ足にきちんと体重を乗せて始動した方がいい」ということでしょう。

 

これで松井秀喜のバッティングフォームに大きく近づくことが可能です。

安田尚憲の育成方法

 

大型ルーキー安田尚憲の育成方法について、いろいろな意見が飛び交っています。

私個人的には、「上述の松井秀喜式バッティングフォームで自然なスイングが出来るようになったら1軍で使い続ける」のが良いと思っています。

里崎がラジオで話していた育成方法と似ていると思います。西岡、今江式ですね。

ある程度形が出来たらあとはひたすら1軍で使い続けるという育成方法です。

 

では、松井秀喜式のバッティングフォームをもう1度おさらいしましょう。

まず始動の際の腕の位置は頭の横か少し下くらい。これはバットをそのまま振るだけの体勢になります。

そして足の上げ方はそこまで高くはありません。

ポイントは、後ろ足に体重を乗せてタイミングを取れているかです。

 

そして、松井秀喜の真似しがたい特徴は、あのコンパクトな構えから猛烈なスピードでこの体勢が作れるところになります↓

右足を伸ばして、壁を作って爆発力を生み出すこのフォーム。

後ろ足から前に体重移動をしますが、ここで右足が踏ん張れないとそのまま前のめりになってしまい、身体が泳いでしまうのです。

松井秀喜の右足の付け根の筋肉を見ると、常人とはまるで比べ物にならないくらいの太さであり、これが松井秀喜が松井秀喜たる所以だと思います。

この足の付け根の太さ、筋肉があるからこそ、上記の体勢にすぐさま持ってくることが出来るのだと思います。

コンパクトな構えから下半身の猛烈な軸の回転であの形を作ります。手は後から付いてくるだけですね。

上半身に比べて下半身が異常なまでに太いのはこういったカラクリだと思われます。右足で踏ん張ることが出来れば出来る程、思い切り体重移動で発生するエネルギーをボールにぶつけることが出来るのです。

 

安田の体格も相当スゴイのですが、やはりワールドクラスの松井秀喜との違いは下半身の分厚さであり、あのコンパクトな構えからホームランを量産するには、松井秀喜ばりの太ももが無いと厳しいでしょう。高卒1年目で松井秀喜の体格と比べる方が酷ですが、やはりそこを目指すのであれば常に比較して考えた方が良いと思います。

松井の動画は数多く残っていますし、教科書として参考にするところが沢山あると思います。

 

というわけで、安田尚憲の1年目の育成方法は「打撃フォームを完成させ、それと同時並行で強靭な下半身を作る」ということになると思います。

 

憧れの松井秀喜になるためには「コンパクト」×「凄まじいスイングスピード(下半身の筋力と軸の回転が重要)」という本来であれば逆の概念をハイブリッドさせる必要があります。特に後者を怠ると、ホームランが出ないアベレージヒッター化してしまうので注意が必要です。

 

個人的には1年目はとにかくバットを振り込んでフォームを固めることと、下半身の強化に努めて、1軍での活躍は2年目以降で良いと思います。

里崎の言う通り、ルーキーに過度な期待をしても仕方ありません。もちろん、良い意味で期待を裏切ってくれることに越したことはないですがね。

 

将来、千葉ロッテマリーンズからワールドクラスのホームラン王が出ることを期待して、成長を見守り続けたいと思います。

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る