ファン歴15年目。千葉ロッテマリーンズファンブログです。

【千葉ロッテ×2019交流戦】習志野高校吹奏楽部の応援に謝りたい敗戦・・・

Sponsored Link

6月14日(金)からは中日ドラゴンズ3連戦。

 

この日は習志野高校の吹奏楽部が駆けつけてくれた「習志野デー」。今年もまた「美爆音」が球場で聴けるとのことで、今年は私も現地参戦しました。

 

ホーム裏の内野席に座ったのですが、正面に習志野吹奏楽部が見え、応援の演奏も真正面から聴けたので、とても良い体験でした。

 

試合はと言うと、二木と柳の投手戦で、非常にサクサクと試合が進みましたよね。

 

まずロッテ先発の二木ですが、ストレートとフォークのコンビネーションが抜群で、三振を量産するナイスピッチングでした。

 

それだけに9回の大島に与えた四球はもったいなく、田村の二塁送球の大暴投もあって、柳に投げ負けてしまいました。

 

田村の二塁送球は明後日の方向に行ってしまい、1死3塁というピンチに拡大。

 

その後、ビシエドと高橋周平に痛恨の一打を放たれてしまいました。肝心なところでミスが出るのが今年のロッテ。・・・いや、今年もか。笑

 

特にタイムリーを浴びて1-2になった直後の高橋周平の2ランは本当にもったいなく、1-4になったことで9回裏の攻撃の芽は完全に摘まれてしまいました。

 

今年のロッテ「も」、こういったもったいないダメ押しを喰らうことが多く、攻撃・逆転の芽を自ら摘んでしまう投球が多いです。

 

二木もせっかく良いピッチングをしていたのですが、最後の最後の詰めが甘かったですね。その辺りは今後の糧にしてくれればと思います。

 

一方、打撃陣ですが散発6安打で、レアードの通算150号の1点しか取ることが出来ませんでした。

 

見逃し三振があまりにも多く、いくら柳のピッチングが良かったとは言え、「三振するくらいなら振れよ!!」と習志野高校の生徒たちも思ったことでしょう。

 

打撃陣での収穫は、復帰した藤岡裕大がマルチ安打を放ったことですね。

 

打率1割が並んでいたマリーンズ下位打線の中で、藤岡が2割以上打ってくれることで、今後少しは下位にも期待が出来そうです。

Sponsored Link

 

とは言え、収穫と言えばそんなところで、昨日はとにかく中日・柳にコテンパンにやられてしまいました。

 

流石に6勝2敗しているピッチャー(この日で7勝2敗)で、こういう相手チームの勝ち頭を攻略していかなければロッテの優勝はありません。

 

そう考えると、やっぱり根本的に優勝するだけの実力が足りていないですね・・・。

 

さて、そんな情けない試合をしてしまったロッテですが、習志野高校の吹奏楽部が応援に来てくれたことで、この日の応援に関しては間違いなく12球団ナンバーワンでした。

 

1点しか取れていないものの、各選手の応援歌やチャンステーマ、レッツゴー習志野も無事に聴くことが出来、応援自体は満足でした。

 

初回の荻野の応援歌にはやはり鳥肌が立ちましたし、レアードの応援歌は渋みがあって新鮮でした。

 

中村奨吾の応援歌も迫力がありましたし、チャンテ5は相変わらずの神応援でした。

 

アルプス放送局さんより

 

今年は試合展開がサクサクだったこともあり、昨年と違って生徒たちが時間で撤収することなく、最後まで応援してもらえました。

 

それだけに、勝てなかったのは本当に情けなく、選手たちは習志野高校の吹奏楽部に謝罪したい試合結果でした。

 

習志野高校の皆さんには、これに懲りず、次があればまた来て欲しいです。

 

さて、またもや初戦に負けて、交流戦全カード負け越す可能性が出てきました。

 

岩下・種市・二木の若手トリオで勢いに乗りたかったのですが、投打が噛み合いません。

 

17日には亜細亜大卒のドラフト5位ルーキー中村稔弥(22)が投げるとのことなので、もはや土肥と合わせて今年は若手投手育成の年でも良いのではないかと思い始めました。笑

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

管理人プロフィール