ファン歴15年目。千葉ロッテマリーンズファンブログです。

【千葉ロッテ×2019交流戦】昨夜の劇的勝利を活かせず・・・

Sponsored Link

前日の劇的サヨナラ勝利を活かすことが出来ず、結局は中日に勝ち越しを許す結果となってしまいました。

 

ロッテ先発は、ドラフト5位ルーキー亜細亜大のサウスポーである中村稔弥(なかむら としや)が初先発でした。

 

亜細亜大では2度のリーグベストナインに輝いている左投手で、ロッテの手薄なサウスポー陣営に名乗りを挙げる投球をしてくれました。

 

初登板であるにも関わらず、制球が安定していて、次のチャンスも与えられそうなピッチングでしたよね。

 

涌井・石川・ボルシンガーがピリッとしない中で、こうした若い投手が出てきてくれると、将来のロッテが楽しみになります。

 

4点を取られた4回については、守備に足を引っ張られた感が強く、先頭の井領のサード・レアードへの強襲は仕方ないにしろ、6番福田のセカンドフライの中村奨吾の落球には呆れてしまいました。

 

あれが無ければ4点も取られなかった可能性が高く、この前も「それくらいは取って欲しかった」という残念な守備をした中村奨吾には困ったものです。

Sponsored Link

 

先制のツーランを放ち、試合後半ではファインプレーも飛び出していましたが、このセカンドフライの落球のせいで、素直に評価出来ないというのが正直なところです。

 

ただ、中村稔弥も、肝心なところで球が高く浮いてしまい、痛打を浴びていましたから、そこは反省材料として次につなげて欲しいと思います。

 

打線の方は、岡の調子が良く、センターに強い打球を打てています。

 

清田の調子が下がってきたこともあり、これは朗報で、あとは走塁のボーンヘッドをしないことを祈るばかりです。(もうすでに2回は大きいのをやらかしていますからね)

 

9回は無死2,3塁から1点も取れずに終わるという情けなさで、結局1点差の4-5で敗戦となってしまいました。

 

前日の劇的サヨナラタイムリーの勢いはどこへ行ったのやら、結局中日に負け越しで、交流戦11位という散々な結果となってしまいました。

 

4勝8敗という崖っぷちで、なんとか次の弱った広島を3タテするしか希望はありません。

 

丸のいない、手負いの広島ですから、なんとか最低でも勝ち越しで最後のヤクルト戦へ行ってもらいたいところです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

管理人プロフィール