日本一の千葉ロッテマリーンズファンサイトです!!

【千葉ロッテ×2019交流戦】今シーズン最高の劇的逆転サヨナラ勝利!!

Sponsored Link

降雨による試合中止によって迎えた交流戦の中日ドラゴンズ2回戦。

 

映像で観ていましたが、間違いなく今シーズンベストゲームの劇的逆転サヨナラ勝利(7-8×)を収めることが出来ました!!!

 

1-7で迎えた9回裏、鈴木大地のソロホームランから始まり、みんなで繋いで繋いで、最後も鈴木大地!!

 

レアード加入で開幕スタメン落ちするも、腐らずに、いつも全力で、人柄も最高に良い鈴木大地だからこそ、今日のサヨナラヒットには感動した方も多いことでしょう。

 

本当に大興奮の劇的勝利でした。井口監督も、解説のジョニー黒木も、もちろんみんな大興奮。笑

 

さて、試合を振り返りますと、先発のボルシンガーが大乱調。

 

初回こそナイスピッチングでしたが、強風の影響からか6回を投げて自責点5という結果に終わりました。本人も、「今日は言葉にならない。申し訳なかった」というしょんぼりコメントで、劇的勝利に沸くチームの中で、最も悔しい想いをしている選手でしょう。

 

なんとか6回100球まで投げさせましたが、とにかくボールが低めに集まらず、四球からの失点が改善ポイントでしょう。

 

石川歩が怪我で離脱しますから、ボルシンガーの復調は今後のチームの上昇にとってはマストであり、なんとか立ち直ってもらいたいです。

 

個人的には後ろを投げて2失点した東條が気になるところであり、調子のムラが大きすぎます。防御率こそ3点台で留まっていますが、ビハインドの投手がズルズルと追加点を許すと、チームの逆転の可能性が極端に減ってしまいます。

 

強いチームは、リードを許す展開でも最少失点に防ぎ、「必然的に」逆転試合を作り出しています。

 

チェンと田中靖の調子が良いので、なんとか3人揃って鉄壁のビハインドトリオになって貰いたいところです。

 

一方の打線ですが、今日は2年目の19歳・清水にしてやられました。

 

再三のチャンスは作るものの、あと1本が打てず、投手陣がジワジワ点を取られるので、9回までは本当にお通夜でした。

 

7回の大地、8回の岡の一発で、「なんだよ、このチームはソロホームランでしか点が取れないのかよ」と思った方は多いでしょう。笑

 

9回の先頭で、鈴木大地が2打席連発を放ったところで、ますますそう思った方が続出したと思います。笑

 

しかしながら、9回の攻撃は全員が見事に繋いでくれました。

 

強風でコントロールが安定しない田島。井上とレアードを連続で四球になり、少しだけ希望が出てきました。

Sponsored Link

 

その後、中日は抑えのマルティネスに代わりましたが、中村奨吾が見事なツーベースを放ちます。どう見てもストレート1本に絞る場面で、外角の変化球を、巻きながらミートしてレフト線へ。いや~、あれはレベル高いバッティングでしたよ。2塁でどや顔する中村奨吾が映し出されます。

 

その後の藤岡のセンター返しも凄かったです。

 

ストレートでグイグイ押してくるマルティネス。離脱前の藤岡であれば、振っても振ってもファールにしかなりませんでしたが、怪我から復帰した藤岡は、うまくセンター返しが出来ていますよね。2点タイムリーを放ち、6-7まで追い上げます。

 

そして、続く田村が今日イチの神がかり。

 

ストレートを狙われているため、中日バッテリーとしては変化球でカウントを取りたい。しかし、ここまでは変化球は信頼して投げられていない。

 

そんな場面で、田村に対しては、変化球でストライクを取ります。これで、田村としては厳しくなりました。

 

その後、ストレートでファールになり、追い込まれてしまいます。

 

「あー、2死1塁だし、さすがにここまでか・・・」

 

と思いましたが、泳ぎながらのライト前ポテンヒットを放ちます!

 

これが大きかった!!

 

ここで同点のランナーが3塁に行き、バッターはチーム最高打率の荻野。

 

荻野も必死に粘り、四球を選んで満塁。

 

そして、再び回ってきた鈴木大地。

 

結果、バットを折りながらも一二塁間を抜くサヨナラタイムリー!!!!

 

2死満塁で、フルカウントだったからこそ2塁ランナーの田村も還ってくることが出来ました。

 

まさに神がかり!!!!

 

いやー、ひたむきな男・鈴木大地が打ったというのが感動!!

 

しかも、泥臭く、バットを折りながらというのが心に沁みますよね!!!

 

本当に感動的な劇的サヨナラ勝利で、なんとか交流戦の勝敗を首の皮一枚で繋ぎ留めました。

 

明日の振替試合で勝ち、なんとか中日戦を勝ち越しで終えて欲しいところ。

 

それで5勝7敗で、ヤクルト・広島戦を迎えることが出来ますから、明日の試合はかなり重要です。

 

幸いなことにパリーグ上位3チームが今日はどこも勝たなかったのも運が良く、このまま残り3カードを勝ち越しで交流戦5割で乗り切れば、そこまで離されずに後半戦に突入することが出来ます。

 

こんな神がかった試合をしたからこそ、残りの交流戦を勝ち越しで終われることを願っています。

 

いやー、それにしても今日は最高の試合でした!!

 

大地、ありがとう!!!

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

管理人プロフィール