ファン歴15年目。千葉ロッテマリーンズファンブログです。

【千葉ロッテ】2019年度選手評価 12石川歩

Sponsored Link

今回は石川歩の2019年シーズンの評価記事になります。

WBCでオランダ代表にボコボコにされて以降、自信を無くしてしまったように見えた石川。

能力からしたら物足りないものの、なんとかシーズン終盤に立ち直ることが出来ました。

2017、18年と2桁勝利を逃し、今年も8勝5敗と2桁勝利を逃しはしましたが、途中に中継ぎで5ホールドを記録。ここで強い球を投げ込む感覚を取り戻したのか、昔の石川のように、145キロ近いストレートをテンポ良く投げ込むことが出来るようになりました。

その後、8月から先発に復帰してからは7試合に登板して5勝1敗と非常に安定したピッチングを披露してくれ、そのおかげでチームは最後までAクラス争いをすることが出来ました。

前半はなかなか勝ち星が付かず、1試合に4~5点取られて防御率も5点台をさまよっていましたが、終盤のブーストにより結果は防御率3.64。

トータルで見れば、エース級の投手の成績としては物足りないものの、過去2年の投球内容から考えれば十分活躍したと言えると思います。

Sponsored Link

来季で32歳になる石川ですが、今季の終盤の投球が続けば、また2桁勝利出来ると思います。

高卒トリオなどの若手が伸びてきているものの、実績が無くて計算が付きにくいため、石川には安定して2桁勝利してもらわなければ優勝は遠ざかってしまうでしょう。

二木、岩下、種市のトリオとは言うものの、投球内容を見る限りは二木と岩下はまだまだ来季どうなるか分かりません。

中村稔、小島、土肥も期待はしたいですが、やはり実績に乏しく、一方でFAで入団する美馬も2桁勝利は殆ど無いですし、ベテラン涌井も劣化中。

そうなると、やはり石川には来季も勝ち頭になってもらう必要があります。

魔球・シンカーが代名詞に思いがちですが、やはり石川と言えば淡々と投げ込む強いストレート。これを来季も継続してくれれば、きっと2桁勝利はそんなに難しくはないはずです。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

管理人プロフィール